太陽光発電で貯金

自宅で作った電気を売ることが出来る

太陽光発電システムの魅力の1つとして、発電して使っても余った電力は売ることができます。
日中、つまり最も発電量の多い時間帯は夜や朝に比べ比較的使う電力は少ないです。その時間に余った電力を売る(売電)ことができます。
太陽光発電システムと電力会社との系統連係により、電力の売買は自動的に行われます。つまり、毎月の電気代に自動的に反映されるということです。

ちなみに『売る単価』は現在購入されている単価とほぼ同額です。毎月いくら売れるかはシステムの大きさや お使いの電気代等を元に調べてみないとわかりませんが、 なかには年間を通して、買う電気代より売る電気代のほうが多いお宅もあります。

オール電化なら光熱費大幅節約

太陽光発電システムとオール電化を併用することで、今までの光熱費が約7割も節約されます。

太陽光発電システムでつくった電気を、給湯や空調などにフルに活用できるオール電化は、さらに太陽光発電システムの長所を引き出します。

時間帯別電灯契約をご利用いただくことで割高な昼間の時間帯は発電した電気で賄い、発電しない夜の時間帯は安い料金価格で購入できます。

発電シミュレーション

例:横浜市の一軒家に住む4人家族の場合

設置条件
地域:神奈川県
太陽光システム:標準的なシステム(3.17kw)
設置する屋根の傾斜:標準的な傾斜(設置角度30℃)
屋根(設置面)の方角:南向き

⇒年間予測発電量 3,370kWh

1ヵ月の電気料金を 12,000円 と仮定した場合、
⇒月平均電気料金 1,535円・・・・10,465円お得!!
⇒年平均電気料金 18,420円・・・・125,576円お得!!

更に余った電気は電力会社が買い取ってくれるので+αの経済効果が望めます。

当然、太陽光発電システム設置の為の初期投資費用がありますので、初期費用から年間の電気料金削減効果を差し引くと、約15年で初期費用の回収が出来る事になります。

太陽光発電システムは、電気料金の節約だけでなく、CO2削減効果等の環境対策にもメリットがある為、家計と地球に優しいシステムと言えます。
まずはシミュレーションを行ってみてはいかがでしょうか?

※上記数値は一般的な参考数値です。天候や設置条件が変わった場合はこの限りではありません。

太陽光発電システムの設置について

現地へ伺い、1件1件メリット・デメリットの御説明を致します!

JRCでは、太陽光発電システムを導入されたいお客様のご自宅に伺い、1件1件日照率や太陽光発電システムを設置する事で得られる経済効果について、メリット・デメリット含めお客様にご説明させて頂きます。

太陽光発電システムは、一般的にソーラーパネルを屋根に設置するので、設置場所が確保しやすく、設置後のメンテナンスも容易で、さらに電気代の節約まで出来るシステムと魅力的なメリットがある反面、発電量が天候・日照率によって差異が生じたり、補助金が使えるとはいえ、まだ高価なシステムです。

設置後の売電効果を含め、お客様には良い面・悪い面を全てお伝えし、納得の上設置をさせて頂きます

設置費用が高い・・・
そう思われる方は国の補助金制度があります! 詳しくはこちらをクリック

PAGE TOP