国・自治体補助金制度

国や自治体が太陽光発電システムの設置をバックアップ

国は代替エネルギーと地球規模での環境問題を解決する手段として 太陽光発電システムを有効と考え、地球温暖化防止には総力をあげて取り組んでいる問題です。
太陽光発電導入量の飛躍的な拡大のために、国も地方自治体も力を入れ、一般家庭への普及を促進するために 設置費用の一部を補助しています。
例えば国が実施している補助金制度の場合、太陽電池モジュールのシステム容量1kWあたり7万円補助されます。
つまり、システム容量が3.5kwの太陽光発電システムの場合、7万円/kW×3.5kW=24.5万円となります。
さらに、各都道府県や各市町村が実施するものもありますので、組み合わせるとさらにお得です。

神奈川県の補助金については下記サイトからご確認下さい。
神奈川県ホームページ

募集について

平成21年度の国補助金申請募集時期は以下の通り、
平成21年4月1日(水)~平成22年1月29日(金)

募集対象戸数:約84,000件
対象者:自ら居住する住宅にシステムを設置する個人で、電灯契約をしている方
募集対象システム:
太陽光発電モジュールの変換効率が一定の数値を上回ること。
一定の性能・品質が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること。
最大出力が10kw未満で、かつシステム価格が70万円/kwであること。

補助金額について

1kwあたり = 7万円

補助金の申請手続きは当社がサポート致しますのでご安心下さい。

 
 
PAGE TOP